デニム MOORER

MooRERは衣類の制作において、洗練されオリジナルでのみあり続け、細部に細心の注意を払いシンプルで精巧なルックに焦点をあてました。とりわけ、常に最高の品質と着心地の良さを得るために最高のものだけを選択する。これこそがMADE IN ITALYが本当に意味するものです。 

 

MooRERのジーンズ 

 

MooRERのジーンズは全てイタリアで制作されており、こだわりの素材と巧みな制作方法は他のジーンズとは一線を画しています。 

 

MooRERのジーンズ「LIXURY QUALITY」の優れたポイント: 

・デニム 

・製造 

・アクセサリー 

・ディテール 

 

デニム 

 

デニムとは通常ヨコ糸が白色もしくは無漂白、タテ糸が藍色の綿の織布のことを言います。MooRERのジーンズには、アメリカ、カメルーン、オーストラリア産の高品質の綿が用いられています。30mmを超える極上の繊維は摩擦への抵抗力と洗濯時の強い耐久性を備えています。 

 

質や手触りの良さで最も高い評価を得ているデニムの多くは日本で織られています。 

機織のプロセスは遅く正確さも減るが、その不完全さと独自性が特質と価値をデニムに与える旧式の30年代と50年代の織機で制作されています。 

これらの旧式の織機で制作された生地は新式の織機に比べて短くなり、制作時間と多くの生地が必要となります。 

 

これらの織物の幾つかは、巾が短く(約85 cm)、布地の両脇に耳があります。耳は非常に多くの糸から成り、白と赤の異なる色が存在します。これらの織物を用いてセルビッチ・ジーンズは製造され、異なる色の縁取りは良く目を引きます。他の物に比べ、はき込み感が倍増するだけでなく、ジーンズのオリジナルな織りや製造によって、アンティーク感も与えられるので、この特徴がウェアに更なる価値を与えることになります。 

 

織物の染色プロセスは、高品質のデニムにとって重要な要素の一つです。MooRERのジーンズは確かな技術と長いプロセスを必要とするが、伝統的なジーンズと同様の仕上がりを約束する植物由来の染料を用いて染められ、時間が過ぎてもその鮮やかさが損なわれることはありません。 

 

製造 

 

全てのジーンズは長い伝統と友井、イタリアの職人の手によって製造されています。縁取りに用いる糸から補強に至るまで、外側も内側も、整った美しい外見のためだけでなく、長くご愛用いただくために、全製造過程において最大限の配慮が施されています。 

 

アクセサリー 

 

品質への注意とディテールへの配慮が常に求められ、それらはアクセサリー、ボタン、リベット、ラベルの選択に反映されます。高品質のマテリアルを用いて作られただけでなく、厳しい国際基準を満たしています。 

 

ディテール 

 

ディテールへの配慮と注意は怠ることはありません。市場にて通常手に取ることができる物と比べたときに“超越しているウェアである”ということを感じてください。 

 

メンテナンス 

 

洗濯時における注意書きに従い、普段より注意深く丁寧にお取扱ください。